島バナナ


沖縄には島バナナという小さなバナナがあります。本州ではめったに目にすることはありませんが、とっても美味しいんです。

普通のバナナの半分ほどの大きさで、味も普通のバナナの味とはちょっと違います。

普通のバナナよりもっちりとした食感で濃厚な甘味とほどよい酸味が絶妙なバランスでその美味しさにきっと驚くと思いますよ。

西表島では家の周りや畑の横などに植えられていて普通に見られます。そんな西表島でもお店で見かけることは少なく、値段も普通のバナナより少し高く、貴重な果物なんです。

貴重な理由として島バナナは栽培が難しく生産が不安定なんだそうです。島バナナの樹は通常の木とは違い、繊維質で強い風で倒れてしまい台風の多い沖縄では本当に貴重なんです。なので西表島に来られた時にお店や売店で見かけたら、ぜひ食べてくださいね。

島バナナは売られている状態が緑色なことが多いです。

そんな時は部屋に常温で吊るしておきましょう。するとだんだんと黄色くなってきます。黄色く色づいてからも2~3日は待ちましょう。シュガースポットと呼ばれる所々黒いところが出てきたら食べごろです。食べごろの島バナナは見た目があまり良くありませんが中身は綺麗なので安心して食べてください。皮が薄くてもっちり濃厚な味わいがたまりません。

緑の状態で買えるとお土産にもぴったりでおすすめです。

ぜひ西表島で珍しい、希少な島バナナを味わってみてください。


11回の閲覧

最新記事

すべて表示

嫌われ者

みなさん、ゴキブリと聞くと自然と嫌悪感を抱く方も多いのではないでしょうか。 家の中で見かけるクロゴキブリやチャバネゴキブリなんかを想像するからではないでしょうか。 でも実はゴキブリの中にも美しいと言われるゴキブリがいるんです。 現代のゴキブリの祖先が出現したのは約2億年前と言われています。 人類が滅亡しても生き残るといわれるゴキブリ、その生命力の秘密は体内に住みついている細菌「ブラッタバクテリウム

沖縄の言葉

沖縄の方言は知っている方も多いかもしれません。 でも八重山地方ではまた違った言葉が使われています。 「いらっしゃい」が沖縄本島では「めんそーれ」でも石垣島では「おーりとーり」になります。 同じ沖縄といってもたくさんの言葉があるんです。 さらには八重山のそれぞれの島でもそれぞれの言葉があり、微妙に発音が違ったりしていてその島々に特徴があります。 年輩の男性には「おじぃ」、女性には「おばぁ」などと親し

計画はたてましたか?

3月も半ばになり、そろそろ春休みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 春休みが終わるとあっという間にゴールデンウィークです。 航空券やホテルの予約はもうお済ですか? 西表島をお考えの方は急いで予約しましょう。 そして西表島に来られる方はツアーの計画も考えなければいけません。 ゴールデンウィークの少し先がピークになるサガリバナのツアーも始まります。 サガリバナは夕暮れからゆっくりと咲き始め夜明け

今すぐ予約・お問い合わせ

  • Instagram レンタカー トリン
  • Facebook レンタカー トリン

​お気軽にお問合せください。

​レンタカー トリン

〒907-1434

沖縄県八重山郡竹富町

南風見191‐65