マングローブジャック


釣りが好きな方なら聞いたことがあるこの魚。


マングローブジャック

和名はゴマフエダイといい、日本では九州南部から南に分布していて、もちろん西表島にも生息しています。

幼魚から50cmほどまでは淡水域から河口やマングローブなどの汽水域に生息し、大きくなると沿岸のサンゴ礁などに生息するそうです。

魚から甲殻類まで幅広く捕食し、好奇心が強く、トップゲームやフライフィッシングなどでもよく釣られ、西表島でのマングローブフィッシングでは人気の魚種です。

大きい個体では70cm以上になり、「レッドデビル」という異名もあるくらい激しいバイトをするのでこのマングローブジャックに夢中になる釣り人も多いそうです。


マングローブジャック

鋭い牙を持ったこの顔は「レッドデビル」という異名に負けない面構えですよね。

このマングローブジャックにそっくりなパプアンバスと呼ばれているウラウチフエダイも生息していて、なかなかお目にかかれない幻の魚と言われ、西表島での個体数はかなり少なく絶滅危惧種に指定されていて保護対象なので釣れても記念撮影だけにしてリリースしてあげましょう。

西表島ではフィッシングツアーもたくさんあり、初心者の方もガイドさんが色々と教えていただけるので安心して参加することができます。

ぜひ西表島で様々な魚に出会ってみてください。

#生き物

45回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示