年中ホタルが見える島


実は西表島はほぼ年中ホタルが見ることができる島なんです。すごいですよね。

それでは西表島で見ることができるホタルをご紹介。

ヤエヤマヒメボタル 2月から5月

日本で最も小さいヤエヤマヒメボタル。大きさはなんと2ミリ~5ミリほど。地面すれすれの低いところをゆっくり飛んでいます。 ホタルは水辺に生息しているイメージがありますがこのホタルは落ち葉などがある山の中で生息しています。そして日没からわずか30~40分の間だけしかひかりません。そして光る時は一か所に何万匹と集まって光るので光の絨毯とも呼ばれています。

キイロスジボタル 4月から11月

キイロスジボタルも約6ミリ~7ミリと小さめのホタルです。こちらも陸生ですがヤエヤマヒメボタルとは違い枝や葉などの高いところに生息しています。そして数は多くなく点滅せず光ったまま空中を飛び周っています。 4月から11月と長い期間見ることができるホタルですが4月~5月はヤエヤマヒメボタルと一緒に見ることができる貴重な期間です。

オオシママドボタル 11月から1月

オオシママドボタルは大きなホタルで1.5センチ~3センチになります。メスとオスは見た目が違いメスは羽が退化し飛べません。なので光と匂いでオスを誘うそうです。成虫になるのは10月中旬からですがなんとこの蛍は幼虫でも光るんです。幼虫は9月ごろから光らせています。ちょうど今から成虫が見ごろのホタルですね。夜道などで比較的簡単に見ることができます。

イリオモテボタル 12月から1月

イリオモテボタルは石垣島と西表島にしか生息いていない固有種で沖縄県指定の絶滅危惧種に指定されています。個体数も少ないのでなかなか見ることが難しいかもしれません。このホタル、メスは幼虫の姿のまま成虫になるそうで地上で光ってオスを誘います。イリオモテボタルは冬のホタルとも呼ばれていて気温が低ければ低いほどよく光るホタルなんだそうです。

以上、西表島には4種類のホタルが生息しています。見られる時期も種類も様々ですがほぼ年中ホタルが見ることができます。ぜひ西表島で自然のイルミネーションを楽しんでみてはいかがでしょうか。

#生き物 #景色

40回の閲覧

最新記事

すべて表示

嫌われ者

みなさん、ゴキブリと聞くと自然と嫌悪感を抱く方も多いのではないでしょうか。 家の中で見かけるクロゴキブリやチャバネゴキブリなんかを想像するからではないでしょうか。 でも実はゴキブリの中にも美しいと言われるゴキブリがいるんです。 現代のゴキブリの祖先が出現したのは約2億年前と言われています。 人類が滅亡しても生き残るといわれるゴキブリ、その生命力の秘密は体内に住みついている細菌「ブラッタバクテリウム

沖縄の言葉

沖縄の方言は知っている方も多いかもしれません。 でも八重山地方ではまた違った言葉が使われています。 「いらっしゃい」が沖縄本島では「めんそーれ」でも石垣島では「おーりとーり」になります。 同じ沖縄といってもたくさんの言葉があるんです。 さらには八重山のそれぞれの島でもそれぞれの言葉があり、微妙に発音が違ったりしていてその島々に特徴があります。 年輩の男性には「おじぃ」、女性には「おばぁ」などと親し

計画はたてましたか?

3月も半ばになり、そろそろ春休みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 春休みが終わるとあっという間にゴールデンウィークです。 航空券やホテルの予約はもうお済ですか? 西表島をお考えの方は急いで予約しましょう。 そして西表島に来られる方はツアーの計画も考えなければいけません。 ゴールデンウィークの少し先がピークになるサガリバナのツアーも始まります。 サガリバナは夕暮れからゆっくりと咲き始め夜明け

今すぐ予約・お問い合わせ

  • Instagram レンタカー トリン
  • Facebook レンタカー トリン

​お気軽にお問合せください。

​レンタカー トリン

〒907-1434

沖縄県八重山郡竹富町

南風見191‐65