カンムリワシ


西表島といえばイリオモテヤマネコですが、希少動物な動物ですし夜行性なこともあるので実際なかなか目にすることができません。

西表島にはイリオモテヤマネコの他にも希少な動物が生息しています。そのなかでもカンムリワシは運が良ければ木や電柱の上に目にすることができるかもしれません。

レンタカーでドライブの時はぜひ探してみて下さい。

興奮すると頭の毛が立ち冠のようになることからカンムリワシと呼ばれているタカ目のタカ科。翼を広げると1mを越えるそうで

木などに止まっている姿ではあまりわからないかもしれませんが、とても大きいです。

鷹と鷲の呼称の明確な区別はなく、比較的大きいものは鷲と呼ばれるそうでカンムリワシもタカ科でも大きいのでワシの名前がついているのですね。

インドやタイ、ベトナム、台湾など広範囲で生息していて、日本では石垣島、西表島などに生息しているそうです。

カエルやヘビから虫や小さな鳥まで食べますが、猛禽類にしては動きはそれほど素早くなく、待ち伏せなどをして餌を獲ることも多く車にひかれたカエルやヘビなども食べることがあるそうです。

そのため車での事故にも遭遇することがあるので西表島をドライブする際は制限速度を守って、希少な動物が生息する貴重な生態系の中を走っていることを忘れず注意しながら運転してください。

そのカンムリワシは国の特別天然記念物であり、絶滅危惧種にも指定されいています。正確な生息数はわかっていませんが、西表島では100羽にも満たない数しか確認されていません。この西表島の貴重な環境と生物を大切に守っていきましょう。

#生き物 #西表島のこと

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

嫌われ者

みなさん、ゴキブリと聞くと自然と嫌悪感を抱く方も多いのではないでしょうか。 家の中で見かけるクロゴキブリやチャバネゴキブリなんかを想像するからではないでしょうか。 でも実はゴキブリの中にも美しいと言われるゴキブリがいるんです。 現代のゴキブリの祖先が出現したのは約2億年前と言われています。 人類が滅亡しても生き残るといわれるゴキブリ、その生命力の秘密は体内に住みついている細菌「ブラッタバクテリウム

沖縄の言葉

沖縄の方言は知っている方も多いかもしれません。 でも八重山地方ではまた違った言葉が使われています。 「いらっしゃい」が沖縄本島では「めんそーれ」でも石垣島では「おーりとーり」になります。 同じ沖縄といってもたくさんの言葉があるんです。 さらには八重山のそれぞれの島でもそれぞれの言葉があり、微妙に発音が違ったりしていてその島々に特徴があります。 年輩の男性には「おじぃ」、女性には「おばぁ」などと親し

計画はたてましたか?

3月も半ばになり、そろそろ春休みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 春休みが終わるとあっという間にゴールデンウィークです。 航空券やホテルの予約はもうお済ですか? 西表島をお考えの方は急いで予約しましょう。 そして西表島に来られる方はツアーの計画も考えなければいけません。 ゴールデンウィークの少し先がピークになるサガリバナのツアーも始まります。 サガリバナは夕暮れからゆっくりと咲き始め夜明け

今すぐ予約・お問い合わせ

  • Instagram レンタカー トリン
  • Facebook レンタカー トリン

​お気軽にお問合せください。

​レンタカー トリン

〒907-1434

沖縄県八重山郡竹富町

南風見191‐65