西表島の黒糖


台風が過ぎてからは気温も下がり過ごしやすくなってきました。西表島にも少しずつ秋の気配が近づいてきています。


西表島では冬になるとサトウキビの季節がやってきます。これ一面サトウキビなんです。芝生じゃありません。風にそよぐ姿はとてもきれいです。でも実はサトウキビ、とても大きいんです。


近づくと見上げるほど大きく、そして太くしっかりしています。

ご存知の通りサトウキビは黒糖の原材料。サトウキビは12月から4月ごろに収穫され、そのまま西表島島内の製糖工場へと運ばれます。

サトウキビは新鮮なほど糖度が高く、国産の黒糖は手間ひまかけて作られていてとても高価なものです。有名な和三盆も竹糖と呼ばれる茎が細いサトウキビから作られるそうです。

そしてなんと西表島産の黒糖は老舗和菓子屋さんのとらやさんに使用されているそうです。またドトールでも西表島産黒糖を使用した黒糖ラテなんかも販売されていました。

実際に食べてみると西表島の黒糖は風味が豊かで甘みにコクがありとても美味しいんです。

もちろん他の島でもサトウキビは栽培されていて黒糖が作られていますが、その島々によって味が違うそうです。

お土産として販売されている「八島黒糖」は色々な島の黒糖の味比べができ、西表島、波照間島、小浜島、与那国島、伊平屋島、粟国島、伊江島、多良間島の八つの島の味が楽しめます。自分へのお土産としてもおすすめです。

ぜひ西表島に来られたら黒糖も味わってみて下さいね。

#西表島のこと

8回の閲覧

最新記事

すべて表示

嫌われ者

みなさん、ゴキブリと聞くと自然と嫌悪感を抱く方も多いのではないでしょうか。 家の中で見かけるクロゴキブリやチャバネゴキブリなんかを想像するからではないでしょうか。 でも実はゴキブリの中にも美しいと言われるゴキブリがいるんです。 現代のゴキブリの祖先が出現したのは約2億年前と言われています。 人類が滅亡しても生き残るといわれるゴキブリ、その生命力の秘密は体内に住みついている細菌「ブラッタバクテリウム

沖縄の言葉

沖縄の方言は知っている方も多いかもしれません。 でも八重山地方ではまた違った言葉が使われています。 「いらっしゃい」が沖縄本島では「めんそーれ」でも石垣島では「おーりとーり」になります。 同じ沖縄といってもたくさんの言葉があるんです。 さらには八重山のそれぞれの島でもそれぞれの言葉があり、微妙に発音が違ったりしていてその島々に特徴があります。 年輩の男性には「おじぃ」、女性には「おばぁ」などと親し

計画はたてましたか?

3月も半ばになり、そろそろ春休みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 春休みが終わるとあっという間にゴールデンウィークです。 航空券やホテルの予約はもうお済ですか? 西表島をお考えの方は急いで予約しましょう。 そして西表島に来られる方はツアーの計画も考えなければいけません。 ゴールデンウィークの少し先がピークになるサガリバナのツアーも始まります。 サガリバナは夕暮れからゆっくりと咲き始め夜明け

今すぐ予約・お問い合わせ

  • Instagram レンタカー トリン
  • Facebook レンタカー トリン

​お気軽にお問合せください。

​レンタカー トリン

〒907-1434

沖縄県八重山郡竹富町

南風見191‐65