陸上最強の甲殻類 ヤシガニ


「陸上最強の甲殻類」と聞けばワクワクしていまう男性も多いのではないでしょうか。

ヤシガニといってもカニではなくヤドカリの仲間です。小さいうちは普通のヤドカリのように貝殻に入り身を守っていますが、大きくなると自身を鎧のように固い外皮で覆い、貝殻は必要なくなります。沖縄でよく見るパイナップルに似ているアダンを好んで食べるそうですが、雑食生でなんでも食べてしまい体に毒を蓄積することもあるようです。

陸に住む甲殻類では最大で大きいものでは40cmを越えるそうです。寿命も長く、50年生きると言われていますが生息数は減少していて絶滅危惧種に指定されています。

ヤシガニが陸上最強と言われているのは個体の大きさや寿命の長さからではありません。その大きな体に見合った大きなハサミの力の強さから陸上最強と言われています。

なんとヤシガニのハサミの挟む力は体重の90倍もあるそうです。これは1kgの個体で90kgの力があるということになります。人間の奥歯で約60kgといわれているので、ヤシガニのハサミの力がどのくらいの強さか想像できるかと思います。

まさに甲殻類最強です。

沖縄、西表島に来たなら一度はヤシガニを見てみたいという方も多いと思います。

ヤシガニは日中、湿度の高い穴の中などに隠れていてあまり見つけることはできません。夜に行動することが多く、特に雨上がりなどは道路にまででてくることもあります。

ヤシガニだけでなく夜は様々な生き物が活発に動きます。夜間レンタカーでドライブされる方は制限速度を守り、十分に注意して運転してください。

もしヤシガニを見つけても危ないので触れたりせず観察するだけにし、もちろん絶滅危惧種ですので捕獲はせずに写真に収めるだけにとどめましょう。

#西表島のこと #生き物

105回の閲覧

最新記事

すべて表示

嫌われ者

みなさん、ゴキブリと聞くと自然と嫌悪感を抱く方も多いのではないでしょうか。 家の中で見かけるクロゴキブリやチャバネゴキブリなんかを想像するからではないでしょうか。 でも実はゴキブリの中にも美しいと言われるゴキブリがいるんです。 現代のゴキブリの祖先が出現したのは約2億年前と言われています。 人類が滅亡しても生き残るといわれるゴキブリ、その生命力の秘密は体内に住みついている細菌「ブラッタバクテリウム

沖縄の言葉

沖縄の方言は知っている方も多いかもしれません。 でも八重山地方ではまた違った言葉が使われています。 「いらっしゃい」が沖縄本島では「めんそーれ」でも石垣島では「おーりとーり」になります。 同じ沖縄といってもたくさんの言葉があるんです。 さらには八重山のそれぞれの島でもそれぞれの言葉があり、微妙に発音が違ったりしていてその島々に特徴があります。 年輩の男性には「おじぃ」、女性には「おばぁ」などと親し

計画はたてましたか?

3月も半ばになり、そろそろ春休みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 春休みが終わるとあっという間にゴールデンウィークです。 航空券やホテルの予約はもうお済ですか? 西表島をお考えの方は急いで予約しましょう。 そして西表島に来られる方はツアーの計画も考えなければいけません。 ゴールデンウィークの少し先がピークになるサガリバナのツアーも始まります。 サガリバナは夕暮れからゆっくりと咲き始め夜明け

今すぐ予約・お問い合わせ

  • Instagram レンタカー トリン
  • Facebook レンタカー トリン

​お気軽にお問合せください。

​レンタカー トリン

〒907-1434

沖縄県八重山郡竹富町

南風見191‐65